指導ノウハウ

なぜ進路選択できないのか? by LFLの家庭教師

なぜ進路選択できないのか?

こんにちは!

齋藤@代表です。


LFLの家庭教師では、面談の席でお子様と色々なことをお話しています。

・普段の勉強のこと

・テストのこと

・学校生活のこと

・先生のこと

・部活のこと

・家庭のこと

・恋愛のこと!?

など、その内容はお子様に応じて多岐にわたります。


その中で、進路について話し合いをすることもあります。

進路選択は子どもたちにとって、とても難しい選択のひとつです。


しかし、難しい選択とは言っても、

・どの中学に進学するのか?

・どの高校に進学するのか?

・理系に進むのか?文系に進むのか?

・どの大学に進学するのか?(専門にいくのか?就職するのか?)

・将来、どういった職業につくのか?

など、節目・節目で子どもたちは

否応なしに進路選択するように迫られています。


そこで、今回のコラムは、

高校1年生の秋時点での理系・文系の進路選択を例に挙げながら、

進路選択をスームズに行うための私の考えをご紹介いたします。



現在の日本の教育制度上、ほとんどの学校において

高校1年生の秋時点で、文系・理系の選択を迫られています。

お子様の中にはギリギリまでその選択に悩むこともあるようです。


また、すぐに進路を決めた子にその選択理由を尋ねてみると、

「数学が好きだから理系です!」

「数学が嫌いだから文系です!」

といった教科の好き・嫌いでの判断によって行われることが多くあります。


しかし、私は思うのです。

そのときの教科の好き・嫌いで大事な大事な進路を決定していいのでしょうか。

私はこの進路選択で後悔しているお子様と出会う度に胸が引き裂かれる思いでいます。


進路選択は、その後のお子様の人生へ多大な影響を与えます。

それによって、その先には現実的に不可能な進路があることを考えると、

現時点における教科の好き・嫌いといった要素のみでの判断はよくありません。


進路選択の判断基準は、

「その進路選択をすることにより、

 将来希望する"なりたい自分"へ一歩でも近づけるかどうか」

ではないでしょうか。


つまり、仕事への興味をはじめ、

将来の方向性、さらには人生全体を見通して、

これから先どうしていきたいのかを選択基準とすべきであって、

教科の好き・嫌いで選択しないほうがよいのではないか、というのが私の考えです。



ある塾の先生は私のこういった考えに対し、次のように反論しました。

「そもそも高校1年生の時点で、やりたいことを決めて、進路を選択するなんてできるわけないよ。」


この考え方も確かに一理あるでしょう。

「まだ子どもなんだから、自分で進路を決めることはできない。」

…という現状の子どもたちに合わせた考え方です。


一方で、次のように考えることもできます。

「これまで周囲の大人が子どもに将来の進路を頻繁に考えさせてこなかったから、

 進路選択の場面で悩んでしまうことになるんだよ。」


この考え方も一理あるでしょう。

「先生や親がそのように指導しているから、子どもたちが決めることができない。」

…という指導する側の問題点に合わせた考え方です。



あなたはどちらでしょうか。



私は、進路選択をすることができない、

一番の問題は指導者側(先生や親)にあると思っています。


私は、

・お子様に進路選択を考えさせる機会の少なさ

・お子様への進路選択をさせるにあたっての情報提供不足

によって、現在の問題が起きていると考えています。


そもそも、お子様自身が進路選択できないのではなくて、

進路選択できないように育てていることが原因なのではないでしょうか。


ひとことで言うと、

子どもたちはそうなるべくしてなった

のではないでしょうか。


もともと今の子どもたちが目の前にいるのはそれまでの教育の結果です。

教育効果として目の前の子どもたちがいると考えるのが教育者としての前提だと思います。


私はそう考えています。

ですので、まずは自分のできる範囲においてですが

頻繁にLFLで担当するお子様に考えさせるきっかけを与えています。


具体的には、

「将来、どうなりたいの?」

「将来、どんなことをしたいの?」

「将来、どんな人になりたいの?」

といった問いかけを頻繁に繰り返しています。

これによってお子様に将来に対する意識を高めてもらいたいわけです。


この問いかけへの答えは、

すぐに答えがでるものではありません。

しかし、機会のある度に、上記の問いかけを繰り返し、

将来像を持つためのきっかけを与え続けることは大事なことです。


子どもたちは、少なくとも進路選択の際には

これから先の将来について考えざるを得なくなりますし、

そもそも、進路選択は、進路調査表を渡されてはじめて考えるものではないです。


そう思うと、もっともっと前から考えておくことがベターでしょう。

でないと、結局、周りに流されて、

自分の希望する進路がわからないままなのに選択してしまうことになってしまいます。



私は、進路の選択を考えるきっかけは、

早い段階から何回も行えば行うほどよいと思っています。

そうすることによってお子様の意志はより固い意志となるはずです。

また目先の勉強へのモチベーション・やる気アップにもつながるでしょうし、

「今度、進路を決めなきゃなんだけど、どうしよう…」

ではなく、

「いよいよ、希望の進路にいけるぞ!」

という状態へとなれるのではないでしょうか。


私は、普段から何度も子どもたちに進路選択を考えるように、

そのきっかけを与え続けていきたいと思っています。

希望の進路がはっきりしてくれば、

より明確な目的意識をもって勉強に取り組める

ようにもなるはずです。



あなたも、お子様に将来を考えさせる問いかけをしてあげください。

「将来、どうなりたいの?」

「将来、どんなことをしたいの?」

「将来、どんな人になりたいの?」

など、将来を想起させることなら何でもよいです。

将来を考えることが進路選択の話に繋がっていきますから。


それによって、将来に希望を持って進路選択できる子どもたちが

ひとりまたひとりと増えていけば、明るい未来が、明るい日本が見えてきます。


私はそういったお手伝いもしていきたいと思っています。


「希望する進路に進んでほしい。」

とお考えの保護者様。


ぜひLFLの家庭教師に、

お任せいただけたらと思います。


お子様の進路選択にもお役にたてることと思います。


WRITTEN by SAITO

>>一覧に戻る

家庭教師のプロフェッショナルが考える勉強法ガイドブック!


*下記より第1章・第6章をワンクリックで見ることができます。

 先に中身をちょっと見たい、という方のために・・・⇒ガイドブックsample

*本ガイドブックはこのフォームでのみ入手可能です。非売品です。

*メールアドレスはプライバシーポリシーを順守しています。⇒プライバシーポリシー

 なお、メールアドレスは本ガイドブックのフォロー・最新の指導ノウハウ提供以外の目的で使用することはございません。また、個別の勧誘等は一切ございませんので、どなた様も安心してダウンロードされて下さい。

ネット動画番組へ出演!

ネット動画番組「覚悟の瞬間」
代表の齋藤が取材を受けました!
LFLの家庭教師/齋藤動画

教育への想いを語ります!
ぜひご覧下さい!

代表執筆メルマガ

家庭教師部門第1位!
読者数5万人超えました!

家庭教師,メルマガ

最新号のサンプルはこちら
Powered by まぐまぐ!

勉強ノウハウ大公開!

無料プレゼント実施中!
クラス最下位から1位達成!
家庭教師,勉強法

プロ考案!秘伝。
「花火チェック法」とは…?
ぜひご覧下さい!

コラム執筆協力!

大学教職課程テキスト
「授業改善」

に執筆協力いたしました。

授業改善

p.42 コラムA
「あの先生のように!」
この想いから始まった私の冒険
ぜひご確認ください!

次世代リーダーに選出!

次世代リーダー応援サイト
Leaders Style に掲載されました!

授業改善

ぜひご確認ください!

取材協力!

プレジデントファミリー
取材協力をいたしました。

家庭教師,プレジデントファミリー

業界の裏事情特集。
「信じていいの?塾講師の言葉」
ぜひご確認ください!

厳選教育コラム・ノウハウ

代表ブログ&SNS!

あなたとの出会いに感謝。
ブログ&SNSでもぜひぜひ!

【ブログ】
累計3,000記事以上!
齋藤の教育ネタがココに集結!
家庭教師,代表ブログ

【フェイスブック】
お友達申請、大歓迎です!
家庭教師,代表フェイスブック

【ミクシィ】
マイミク大歓迎です!
家庭教師,代表ミクシィ

【ツイッター】
ぜひフォローしてください!
家庭教師,代表ツイッター

ABOUT US

感謝の言葉をリアルタイムで

サイト内検索 powered by Google