教育コラム

「先生、わかりません」 by LFLの家庭教師

「先生、わかりません」

こんにちは!

齋藤@代表です。


「先生、わかりません」


今回のコラムでは、上記のような曖昧な質問をするお子様に対して、

どのように指導することで抜群の効果を発揮するのかをご紹介したいと思います。


冒頭に挙げたこの言葉は、先生なら何度も聞く言葉です。

また、保護者様もご自身の経験としてこのように先生に質問したことがあるかもしれません。


私自身もこれまで何度も何度もこの言葉を耳にしてきました。


私はこのようなことを言われた場合、

まず、次のように子どもたちに聞き返すことにしています。


「どこがわからない?」


そう聞くと多くの子どもたちは次のように返答します。


「・・・。」


お子様のこの現象から起きている原因のひとつに、

そもそも何がわからないのかわからない

という状態になっていることが考えられます。


頭の中で漠然と「わからない」と思っており、

何がわからないのかわからない状態で先生に質問しているのです。


実は、先生としては、この状態のままで教えてしまうことはよくありません。


なぜなら、この状態のまま、

その問題について一からすべて教えてしまうと、

先生からお子様へ与える情報量が一気に増えすぎてしまいます。

情報量がありすぎるため消化することができなくなってしまうのです。

わかったつもりになるだけで実際にわかってない、というよくある状態になります。



子どもたちは説明を聞いている間に、なんとなくわかった状態になりやすいです。

ですが、実際にあとで自分でやり直してみるとできない、という状態になってしまいます。


そのため、素直な子の場合によくある例としては、

「先生の説明はわかったのに。できないのは頭が悪いんだ」

と勘違いを誘発してしまうきっかけにもなっています。


ですので、このままの状態で教えることは避けたほうがよいと考えられます。



では、どうするのかというと、こういった場合は、まずはじめに、

わからないところがどこにあるのかを特定させることから指導していきます。


具体的には、その問題でつまづきそうな箇所を予測して、

一つ一つ質問を交えながら子どもたちに聞いていくことで、

どこがわからないのかを特定していきます。


たとえば、

・「まず文章読んでみて」       ⇒そもそも文章を読めているかどうか

・「何を求めたらいいの?」      ⇒何がゴールなのか

・「図にできる?」          ⇒図表表現ができるかどうか

・「公式覚えてる?」         ⇒公式の暗記・記憶

・「ここで使える公式はなんだっけ?」 ⇒公式の選択・適用できるかどうかの判断

・「この記号の意味ってなんだっけ?」 ⇒記号を覚えているかどうか

・「ここの単位は?」         ⇒単位を把握しているかどうか

など、質問の種類はその問題に応じて多岐にわたります。


この質問に対して、

答えることができなかったところが

お子様にとってわからないところになるわけです。


まずは、そこを判明させることを最優先に考えます。

実際に内容を教えるのはこのわからない部分が特定されてからです。



以上のことをまとめると大きな指導の流れとしては、下記のとおりです。


◆ステップ1:

先生からお子様に質問を繰り返すことで、どこがわからないのかを

本人自身に認識させながら、先生側でどこかわからない箇所なのかを特定する


◆ステップ2:

特定されたわからない箇所に絞って新しい情報を与える


この2ステップを経ることで、

一からすべてを教えるときよりも情報量が減り、

お子様自身がどこを新しく学べばよいのかが容易にわかります。


それによって、学習効果が飛躍的に向上するのです。



LFLの家庭教師では、

「先生、わかりません」

と漠然とした質問をする子どもたちに対して、

上記の2ステップを経て、丁寧にわからない箇所を特定し、指導しています。


最初から一気にすべてを教えるわけではないので、

お子様自身が自分で何がわからなかったのかが明確になり、

頭の中がすっきりして整理されやすいのは言うまでもありません。



この指導方法は指導の素人の方からすると、

「え?ひどい!」

と思ってしまう方が少なからずいらっしゃいます。


「先生、わかりません。」

って聞いているのに、すぐ教えてないなんて、と考える方がいらっしゃるのです。


しかし、私は

一からすべてを教える指導は生徒主体ではなく先生主体の指導

だと考えています。

なぜなら、生徒の状態に関係なく、先生自身のペースで教えているからです。

お子様ごとに理解の状況が違います。

すぐ教えてしまう指導はその子の状況を無視した教え方であり、これは素人の指導法だと言えます。


誤解を恐れずに、たとえるなら、

「先生、体調が悪いです。」

とお医者さんに話したら、いきなり

「あなたはガンですので手術しましょう。」

を言われているようなものです。

検査などをして原因の特定をせずに、勝手に判断されている、という意味においては同じことです。


逆に、

わからない箇所を特定して教える指導は先生主体ではなく生徒主体の指導

だと考えています。

なぜなら、お子様の現在の状態をきちんと把握した上での指導になるからです。



LFLの家庭教師は、お子様を中心とした指導であるべき、と考えています。


これからも先生主体ではなく、

生徒主体の指導を繰り返していくことで、

子どもたち自身のさらなる成長のサポートをして参ります。


もしお子様が、そもそも何がわからないのかわからない、といった

様子がありましたら、ぜひ一度お気軽にご相談いただけたらと思います。


その状態でしたら、いわゆる普通の教え方での学習は難しいでしょう。

指導法についての適切な理解のあるプロフェッショナルな先生のほうがいいと思います。


お子様のわからないところがどこなのかを明確することからはじめて、

お子様を中心とした丁寧な指導を心がけていきます。


WRITTEN by SAITO

>>一覧に戻る

家庭教師のプロフェッショナルが考える勉強法ガイドブック!


*下記より第1章・第6章をワンクリックで見ることができます。

 先に中身をちょっと見たい、という方のために・・・⇒ガイドブックsample

*本ガイドブックはこのフォームでのみ入手可能です。非売品です。

*メールアドレスはプライバシーポリシーを順守しています。⇒プライバシーポリシー

 なお、メールアドレスは本ガイドブックのフォロー・最新の指導ノウハウ提供以外の目的で使用することはございません。また、個別の勧誘等は一切ございませんので、どなた様も安心してダウンロードされて下さい。

ネット動画番組へ出演!

ネット動画番組「覚悟の瞬間」
代表の齋藤が取材を受けました!
LFLの家庭教師/齋藤動画

教育への想いを語ります!
ぜひご覧下さい!

代表執筆メルマガ

家庭教師部門第1位!
読者数5万人超えました!

家庭教師,メルマガ

最新号のサンプルはこちら
Powered by まぐまぐ!

勉強ノウハウ大公開!

無料プレゼント実施中!
クラス最下位から1位達成!
家庭教師,勉強法

プロ考案!秘伝。
「花火チェック法」とは…?
ぜひご覧下さい!

コラム執筆協力!

大学教職課程テキスト
「授業改善」

に執筆協力いたしました。

授業改善

p.42 コラムA
「あの先生のように!」
この想いから始まった私の冒険
ぜひご確認ください!

次世代リーダーに選出!

次世代リーダー応援サイト
Leaders Style に掲載されました!

授業改善

ぜひご確認ください!

取材協力!

プレジデントファミリー
取材協力をいたしました。

家庭教師,プレジデントファミリー

業界の裏事情特集。
「信じていいの?塾講師の言葉」
ぜひご確認ください!

厳選教育コラム・ノウハウ

代表ブログ&SNS!

あなたとの出会いに感謝。
ブログ&SNSでもぜひぜひ!

【ブログ】
累計3,000記事以上!
齋藤の教育ネタがココに集結!
家庭教師,代表ブログ

【フェイスブック】
お友達申請、大歓迎です!
家庭教師,代表フェイスブック

【ミクシィ】
マイミク大歓迎です!
家庭教師,代表ミクシィ

【ツイッター】
ぜひフォローしてください!
家庭教師,代表ツイッター

ABOUT US

感謝の言葉をリアルタイムで

サイト内検索 powered by Google