参考書・問題集の賢い選び方(7選)


本屋さんの学習図書コーナーに行くと、大変多くの参考書・問題集が出版されています。

「どれがいいんだろう・・?」

と悩んだ結果、とりあえず目についたものを購入したけれども、実際には利用しなかった、という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、書店で保護者の方とお子さんが参考書・問題集を選ぶ際のポイントを7つお伝えします。

どれも簡単ですぐに役に立ちますので、ぜひ参考書・問題集選びの参考にしていただけたらと思います。

7つのポイントとは?

まず7つのポイントをさっとご紹介します。

  • ①実際に内容を見るために、できるだけ書店に足を運ぶ
  • ②お子さん自身が書店へ行く
  • ③タイトル買いしない
  • ④実際に使っているところを想像して買う
  • ⑤(参考書の選び方)同一項目を比較する
  • ⑥(問題集の選び方)半分は解けそうなものを選ぶ
  • ⑦見た目もばかにならない

この7つのポイントを守るだけでも参考書・問題集選びで失敗する可能性が低くなります。以下で具体的にそれぞれの項目について具体的に説明します。

各項目ごとに理由を説明します。

①実際に内容を見るために、できるだけ書店に足を運ぶ

 インターネットで本を買う人が、どんどん増えてきています。

 私も、欲しい本が決まっている場合にはよく使っています。

 しかし、どの本を買うか決めていない場合には、中身が見られないのが難点ですね。

 また、人から薦められた教材でも、お子さん自身が気に入るかどうかはわかりません。

 購入前に一度は中身を見た方が良いです。

②お子さん自身が書店へ行く

 この仕事を始めてから本当に驚いているのですが、保護者の方が教材を買ってくる、というケースがよくあります。

 しかし、このやり方には問題があります。

 なぜならその教材を用いて学習するのはお子さん本人だからです。

 お子さん本人が気に入らないものでは、なかなか学習モチベーションが上がりません。

 本人の意見を交えて選びましょう。

③タイトル買いしない

 「○日でマスター!○○」などといった、口当たりのいいタイトルの書籍が多いのですが、実際には「本当に○日でできるの?」「この内容だけでマスターしたって言える?」といったものが多いです。

 また、「やさしい○○」「標準○○」といった難易度表示。これも出版社によって大きく違います。

 タイトルのみをあてにせず、中身を見て選びましょう。

④実際に使っているところを想像して買う

 「とりあえず買ってはみたものの、これでどうやって勉強したらいいかわからなかった」という理由から、教材が本棚の肥やしになることがしばしばあります。

 自分で「こうやって使ったらいいな」と明確にわかるものを選びましょう。

 たとえば、私の場合、問題と解答解説が同一ページにあるものが苦手で、取り外し可能な解答解説がついているもの好んで使います。

 解答解説が目に入らない状態で問題をノートに解いたあと、問題・解答解説・自分のノートの3つを見比べる、という学習手順がはっきりイメージできるからです。

 教材には、巻頭に「本書の使い方」といったページがあるものが多いですので、そちらを参考にするとよいと思います。(見逃しがちな部分です)

⑤(参考書の選び方)同一項目を比較する

 パラパラページをめくるだけでは、それぞれの特色を把握することが困難です。

 たとえば英語の参考書なら「仮定法」などと、項目を絞って複数の参考書の説明を見比べると、特徴が浮き彫りになり、選びやすくなります。

 辞書の際も同様です。

 「make」など多義語の項を比較してみるとよいですね。

⑥(問題集の選び方)半分くらい解けそうなものを選ぶ

 現状で5~6割程度自力で解けそうなものがよいでしょう。

 この割合は、多くの入試の合格点の得点率とも合致します。

 7割以上解けるものは、「その問題集を解いて得られるものが少ないのではないか?」という問題が生じます。

 逆に、2~4割しか解けないものは、解いているうちに学習に対するモチベーションが低下します。

 自主学習にとっては不適です。

 (家庭教師の先生と学習する教材の場合にはそのかぎりではありません)

⑦見た目もばかにならない

 内容がいくら良いものでも、「分厚い教材は開く気がしない・・・」「字が細かく、詰まっているから読む気がしない・・・」ということでは学習がはかどりません。

 特に苦手科目の場合は、余計敬遠してしまう傾向が強まってしまいます。

 お子さんが「これならやってみようかな」と思える体裁、というのも大事です。

 ページ数が少なく、字が大きめ、適度な余白 というのが心理的負担が少ないようです。

 

以上、7つのポイントをお伝えしました。

いかがでしょうか?

どれも簡単ですぐに役に立つのではないかと思います。

まとめ

ぜひ、明確な視点を持って、教材選びを行ってください。

今回は以下の7つのポイントをご紹介しました。

  • ①実際に内容を見るために、できるだけ書店に足を運ぶ
  • ②お子さん自身が書店へ行く
  • ③タイトル買いしない
  • ④実際に使っているところを想像して買う
  • ⑤(参考書・辞書の選び方)同一項目を比較する
  • ⑥(問題集の選び方)半分は解けそうなものを選ぶ
  • ⑦見た目もばかにならない

お子さんに適切な教材を選べれば学習効率は飛躍的に向上しますよ。

LFLの家庭教師ではお子さんにあった教材選びのお手伝いもしています。プロの目線からみてお子さんの現状にあわせた教材のご提案などもさせていただいています。

お気軽にご相談いただけたらと思います。


初回 無料相談実施中!

勉強法ガイドブック無料プレゼント実施中!

「なんて効率の悪い勉強のやり方なんだ!」
いろいろなご家庭で指導させていただくたびに憤りを感じます。だって、ある子はたった4ヶ月でクラス最下位から1位を達成したんですよ。
その子が一体どうやって勉強したのか。その一部を勉強法ガイドブックとしてまとめてみました。
2万字相当。約30ページ。今ならあなたに無料プレゼントします。
ガイドブックの入手方法は簡単です。フォームに必要事項を入力するだけです。今すぐ手に入ります。これは非売品です。突然、配布を終了するかもしれません。
早めにダウンロードしてぜひお役に立ててくださいね。(齋藤)

勉強法ガイドブック無料プレゼント実施中!

ガイドブック申し込みフォーム

下記のフォームに記入して「確定」ボタンをクリックしてください。

  • メールアドレスは本ガイドブックのフォロー・最新の指導ノウハウ提供以外の目的で使用することはありません。メールアドレスはプライバシーポリシーを順守しています。⇒プライバシーポリシー