指導ノウハウ

問題集の難易度はどれくらいがいい? by LFLの家庭教師

問題集の難易度はどれくらいがいい?

こんにちは!

齋藤@代表です。


「問題集はどれを選んだほうがいいですか?」


保護者の方やお子さんからよくこのようなご相談をいただいています。

そこでこのコラムでは、問題集の選定基準のひとつをご紹介したいと思います。


目安のひとつに「難易度」があります。


大事なことはお子さんにとってちょうどよい難易度であることです。


それぞれの出版社が難易度を提示していることもありますが、

出版社ごとにクセや特徴がありますので、

それをそのまま鵜呑みにするのはよくありません。


難しすぎても、簡単すぎても、お子さんにとってよい問題集であるとは言えません。


そこで、

「どれくらいなら難しいのか?簡単なのか?」

の目安となる数字をお伝えしたいと思います。



下記の出来具合を目安として考えるとよいでしょう。


●最初から3割できる

⇒難しすぎ。

 途中で挫折する可能性あり。

 時間ばかりがかかってしまう。


●最初から5割できる

⇒ちょうどよい難易度。


●最初から7割できる

⇒簡単すぎ。

 途中で飽きる可能性あり。

 かけた時間の割に新しく学習できない。



この数字の目安は、高校生の場合です。

中学生なら上記に1割増しで考えてください。

小学生なら上記に2割増しで考えるのがよろしいかと思います。


ただし、これらはあくまでも目安です。


お子さんの学習意欲や精神年齢によって多少ズレると考えるほうがいいです。

またこれらはお子さんの教科の好き嫌いなどにも影響することでしょう。



繰り返しになりますが、大事なことは、

お子さんにとってちょうどよい難易度であることです。



人間は、

「ちょっと難しいくらい」

がちょうどよい刺激になります。

難しすぎても簡単すぎてもよくありません。


お子さんにとっての適切な難易度の教材を使って学習しましょう。



LFLの家庭教師では、これら教材選びのアドバイスもしています。

教材の善し悪しによってお子さんの学習がはかどることもあれば、はかどらなくなることもあります。

教材選びはとても大切です。


ぜひお気軽にご相談いただけたらと思います。




WRITTEN by SAITO

>>一覧に戻る

家庭教師のプロフェッショナルが考える勉強法ガイドブック!


*下記より第1章・第6章をワンクリックで見ることができます。

 先に中身をちょっと見たい、という方のために・・・⇒ガイドブックsample

*本ガイドブックはこのフォームでのみ入手可能です。非売品です。

*メールアドレスはプライバシーポリシーを順守しています。⇒プライバシーポリシー

 なお、メールアドレスは本ガイドブックのフォロー・最新の指導ノウハウ提供以外の目的で使用することはございません。また、個別の勧誘等は一切ございませんので、どなた様も安心してダウンロードされて下さい。

ネット動画番組へ出演!

ネット動画番組「覚悟の瞬間」
代表の齋藤が取材を受けました!
LFLの家庭教師/齋藤動画

教育への想いを語ります!
ぜひご覧下さい!

代表執筆メルマガ

家庭教師部門第1位!
読者数5万人超えました!

家庭教師,メルマガ

最新号のサンプルはこちら
Powered by まぐまぐ!

勉強ノウハウ大公開!

無料プレゼント実施中!
クラス最下位から1位達成!
家庭教師,勉強法

プロ考案!秘伝。
「花火チェック法」とは…?
ぜひご覧下さい!

コラム執筆協力!

大学教職課程テキスト
「授業改善」

に執筆協力いたしました。

授業改善

p.42 コラムA
「あの先生のように!」
この想いから始まった私の冒険
ぜひご確認ください!

次世代リーダーに選出!

次世代リーダー応援サイト
Leaders Style に掲載されました!

授業改善

ぜひご確認ください!

取材協力!

プレジデントファミリー
取材協力をいたしました。

家庭教師,プレジデントファミリー

業界の裏事情特集。
「信じていいの?塾講師の言葉」
ぜひご確認ください!

厳選教育コラム・ノウハウ

代表ブログ&SNS!

あなたとの出会いに感謝。
ブログ&SNSでもぜひぜひ!

【ブログ】
累計3,000記事以上!
齋藤の教育ネタがココに集結!
家庭教師,代表ブログ

【フェイスブック】
お友達申請、大歓迎です!
家庭教師,代表フェイスブック

【ミクシィ】
マイミク大歓迎です!
家庭教師,代表ミクシィ

【ツイッター】
ぜひフォローしてください!
家庭教師,代表ツイッター

ABOUT US

感謝の言葉をリアルタイムで

サイト内検索 powered by Google